魔法の鏡
魔法の鏡 あなたは魔法を信じますか? ファッション・オン・デマンド ファッションルネッサンスの実現。


デジタルファッション(株)が事業を進めていく上での、最初のマイルストーンとして「魔法の鏡」の概念を実現することが挙げられます。
魔法の鏡とは

私たちデジタルファッション(株)が目指す「魔法の鏡」は、どんなときでも「魔法の鏡」に自分を映しさえすれば、 そこには美しく着飾ったあなたが映し出されている、という不思議な鏡です。 あなたの動きに合わせて鏡の向こうのあなたも動き、衣服のシルエットも同じように動いています。 もし、衣服が気に入らなければ、次々に着替えてしまえばいいのです。 着替えるのは鏡の向こうのあなただけなのですから。あなたが本当に望む姿が、あっという間に鏡の向こうに映し出されることでしょう。
魔法の鏡の実現にむけて

私たちはこの「魔法の鏡」をコンピュータ上で実現しようと考えています。 例えば、パソコンにカメラを取り付け、今、カメラに映っている画像がパソコンの画面に表示されているとしたら、 そのパソコンの画面は鏡と同じですね。その画像に好みの衣服を着せ付け、イメージ通りのお化粧をコンピュータが描いてくれたら、
「魔法の鏡」は実現できると考えています。
「魔法の鏡」を覗き込んだときに身に付けている衣服や、唇を彩る口紅は誰が作ったもので どこに行けば手に入るのか、鏡に映る姿が美しければ美しいほど知りたいと願うことでしょう。 アパレルメーカーや化粧品メーカーが、鏡の向こうの一人一人に対して好みに合った商品を提案し、鏡を通してとてもいい関係を構築することができたとしたら、 私たちにとってこれほどの喜びはないと思っています。

 「魔法の鏡」を実現するために必要な技術は、人体の動きに合わせて衣服をシミュレーションする技術、  好みのファッションをコンピュータが提案してくれる技術、顔を覗かせれば唇にイメージどおりの色の口紅を引いてくれる技術等、数多くの高度な技術の結集であるのです。  「魔法の鏡」実現にむけ、私たちは日々、数多くの課題に取り組み、更なる高度な技術の研究開発を行っています。